肩こり・猫背を治したい!治すための猫背治療ノウハウや体験談・商品などの情報提供をしています【凝りカイゼン】

【厄介な痛みを良くする】首・肩の痛みや肩凝りが治るツボとヨガの方法

スクリーンショット 2015-05-26 15.15.43

私は事務職のため一日中パソコンを使っている事が多いです。そのため肩こりがひどくよくマッサージに通っていました。
しかしマッサージに通ったその日はコリがほぐれるものの次の日にはコリが戻っていたり・・・慢性的な肩こりをどうにかして治したいと思っていたところに友人に勧められたのが「ヨガ」でした。
ヨガはゆっくりとたっぷり普段使わない筋肉をほぐし、そして筋肉をつける事ができる運動方法です。私はヨガはヨガでもホットヨガに通う事にしました。

 

肩こりを治すためのヨガも存在する

私が通っているホットヨガスタジオは「肩こり改善ヨガ」という肩こりに悩まされる人のためのヨガコースもあります。最初はヨガだけで肩こりが治るのかな?と半信半疑でした。
しかし実際ヨガをやってみると筋肉をたっぷり使い思った以上に全身を動かします。コリをほぐすヨガポーズから筋肉をつけるハードなポーズまで様々なポーズをしていきます。私は筋肉もないため次の日は筋肉痛になるほどでした。

 

ヨガを初めて1ヶ月で効果が

しかしヨガを始めて約一ヶ月の頃肩こりがあまり気にならなくなりました。当初はすぐバテて筋肉痛になっていた体もだんだんと体力がついていったのかすぐに疲れなくなりました。
ヨガの先生に聞いたのですが肩が凝りやすい人は筋肉の量が少ないからだと聞きました。今ある筋肉をほぐして筋肉を強化していくことで凝りにくい体になるそうです。
肩こりを治すにはマッサージでほぐすだけではなくてほぐして筋肉をつけることが大事なのだとヨガをして学びました。

他にも、これをきっかけに肩凝りについて色々と詳しくなったので、もう一つ肩凝り改善の方法をご紹介します。

 

冬に使うカイロを有効活用して肩凝りを治す

 

冬になると愛用される貼るカイロ。貼るカイロは温まる以外にも、有効な使い道がたくさんあります。つまり肩凝り解消にも使えるってことなんです。
肩凝りのひどい患部に直接貼っても、血流が改善されて、肩凝りの解消に有効ですが、肩凝りがひどいときにおすすめのツボの部分に貼ると、肩凝りの解消にとても効果的です。

 

カイロを貼る場所

場所は、肩甲骨の骨の内側ギリギリの部分にある「膏肓(こうこう)」というツボ。

 

スクリーンショット 2015-05-26 15.15.43

 

このツボは、特に肩凝りがひどく、肩をマッサージしたり長めの入浴をしたりと肩凝り解消を試みてもなかなか改善しない、慢性的な肩凝りの解消におすすめのツボです。
方法は簡単シンプル!この膏肓というツボの上に貼るカイロを貼るだけです。左右の肩凝りのひどい方のこのツボにカイロを貼ってください。慢性的な肩凝りや背中の凝りがある人は、この膏肓というツボあたりに気持ちの悪い凝り感を感じる人も多いです。
膏肓というツボには、肩凝りや背中の凝りの疲れがたまりやすく、慢性的な凝りになると、この部分にトリガーポイントと呼ばれる、肩凝りの疲れの元のような「ゴリゴリ」ができやすいです。このゴリゴリができている場合は、この部分をマッサージで刺激するのも有効ですが、なかなか自分ではマッサージしにくい部位なので、ここに貼るカイロを貼ると、肩全体の血行がよくなり、凝り固まった筋肉が弛緩して肩凝りが楽になります。
膏肓は、ツボの周囲のみでなく、首・肩全体の血行改善や背中の凝りの改善にも大活躍のツボで、肩凝りや首の凝りからくる頭痛や疲労感の解消にもおすすめのツボです。

 

 

 

関連記事

最新記事一覧