肩こり・猫背を治したい!治すための猫背治療ノウハウや体験談・商品などの情報提供をしています【凝りカイゼン】

【猫背は肩こりも引き起こす】猫背はパソコンとの距離が遠すぎるのが原因?【改善】

スクリーンショット 2015-08-01 8.19.43

私は小学生の頃から大人になった今までずっと猫背に悩んできました。
猫背が原因で肩こりや首こりも常にありました。

 

一日中、パソコンの前に座って仕事をしている

 

ここ5年位は、一日中パソコンの前に座って仕事をしています。
仕事以外でも、ネットサーフィンの為にパソコン画面をずっと眺めています。
そんな生活をしていたら、最近ついに、パソコンの前に座っただけで、頭と首がガンガン痛むようになってきてしまいました。
椅子が悪いのかとか猫背矯正ベルトをしようかとか色々考えた結果、一ついい方法を思いついたんです。

 

パソコンとキーボードを自分の体にもっと寄せる

それはパソコンの画面とキーボードを自分の体のほうにもっと寄せる、ということです。

今までは自分の体とパソコンの画面が遠すぎたことに気付いたんです。
パソコン画面の中の細かい文字を読もうとして、つい前のめりになって、あごを突き出し、猫背になっている自分がいることに気づきました。
パソコンの画面と自分の顔の距離は40cm以上あけることが好ましいそうです。
私はちょうど今、40cmくらいの距離にしています。
定規やメジャーなどで測ってみてほしいのですが、この40cmというのは意外と短いんです。
今までの私は55cmくらい距離をとっていました。
ですが、この距離だと私にとっては遠すぎたんですね。

 

 

パソコンの画面を自分に近づけるようにしてから、毎日悩まされていた頭痛と首こり、肩こりは確実に軽減されました。
その分、机のスペースは狭くなってしまうのですが、これは仕方ないことですね。
パソコン画面が近くなったことによって重心が前ではなく、少し後ろにいくようになります。
なのでいつも綺麗な姿勢を保てるようになりました。

とても簡単な方法なので、猫背で辛い思いをしている方には是非試していただきたいです。

 

 

猫背の時に正しい姿勢を意識するためにやるべきこと

 

猫背ぎみだった私が言うのもあれなんですが、猫背は身体にいろいろな悪影響を及ぼします。
リンパの流れが悪くなる事によって新陳代謝が衰えて、太りやすい体質になってしまいますし、

首の周辺の自律神経が圧迫されるので、偏頭痛や目のかすみなどの症状が現れる可能性もあります。
なによりも、猫背は見た目の印象が悪く、老けて見えてしまいます。

 

この猫背を治す為には、まず、正しい姿勢を知る事が大切です。
背筋を伸ばしたつもりで立っても、なかなか無理がない自然な姿勢を取る事ができません。
正しい姿勢といのは、膝立ちをした状態の姿勢です。
膝立ちをすると、背骨がスッと伸びますが、これが正しい姿勢です。

 

できるだけ高い位置の吊革を掴む

そして、正しい姿勢を知った上で、普段の生活の中で簡単にできるストレッチをする事で、自然と正しい姿勢に近づく事ができます。
通勤時間に立っている時には、出来るだけ高い位置のつり革につかまり、首を後ろに引いておへそをへこませるようにします。
そして、デスクワークをしている時には、背中を丸めた姿勢からゆっくりと後ろにそらす姿勢、これを何回か繰り返します。
曲げたり伸ばしたりを繰り返すストレッチが、猫背の改善に効果があります。

 

寝る前に四つん這いになってストレッチをする

そして、寝る前には、四つん這いになって背中を丸める姿勢と背中をそらす姿勢、これを何回か繰り返します。
これらのストレッチは簡単にできます。
大切なのは毎日続ける事です。
そして、常に膝立ちをして、正しい姿勢をチェックする事も重要です。

 

 

猫背が改善できれば、身体の機能が正常に働きますから、健康増進にも繫がります。
姿勢が正しくなる事で、見た目が変わって自分に自信が持てるようになります。

 

 

 

関連記事

最新記事一覧