肩こり・猫背を治したい!治すための猫背治療ノウハウや体験談・商品などの情報提供をしています【凝りカイゼン】

【猫背を矯正して良くする方法】 猫背はただ姿勢が悪くなるだけじゃなく病気になる?

猫背はお洒落なファッションをしても姿勢の良い人に比べると見た目が悪くなってしまいます。また、猫背による見た目の悪さだけじゃなく、健康への悪影響も懸念されます。姿勢が悪いと胃に負担がかかって消化が遅くなったり便秘になったりして肥満の原因にもなることがあります。その他には、脳梗塞やくも膜下出血など命に関わる危険性もある為、ただ単に姿勢が悪いだけという安易な考えはあまり良くありません。
猫背を治す方法は、やはり正しい姿勢を意識して行うことが大切です。しかし、ただ背筋を伸ばすという方法では疲れてしまったり、伸ばそう伸ばそうとして、背骨を反りすぎてしまい痛めてしまう可能性もあります。そこで、誰でも簡単にできる楽な正しい姿勢の方法を紹介します。
まずはあぐらでも正座でも良いので普通に座ります。そして背筋を伸ばして姿勢を矯正していくのですが、この時に背筋を伸ばした姿勢を長時間続けても疲れにくいようにひと工夫することが重要になってきます。腰に上半身の体重をストンと乗せるように座ることで長時間でも、正しい姿勢を続けることができるので意識して行ってください。デスクワークが多い人は、首猫背にもなりやすいので、座っている時に顎を少し引くと前のめりの首を矯正することもできます。
たったこれだけですが、猫背の人にとっては、

背筋を普通に伸ばすことは結構大変なので腰に体重をのせるだけで、

大分楽に正しい姿勢を続けることが出来るようになるので是非試してみてください。

 

 

猫背を矯正するのにウォーキングとひざ立ちは効果的?

 

猫背が完全に治ったりしていないのですが、効果があるなと感じているのがウォーキングとひざ立ちです。特にひと目を気にしなくてよければひざ立ちはオススメです。矯正ベルトなどはつけ続けると体が痛くなるのであまりオススメできません。
まず、ウォーキングは少し視線を上に向けるのが大事です。地面を見ながら歩いていれば気分も沈みますし、猫背のままになってしまいます。なるべく青空や建物の二階部分を見るような感じで歩くのがポイントです。自然と姿勢がよくなりますし、ウォーキングによって脳内に幸せ物質であるセロトニンが出てくるので気分もよくなってきます。
ただし、気をつけなければいけないのが肩掛けのバッグを持ったりすることです。ついいつも同じ肩にかけてしまうと思うので、なるべくならリュックサックなどで荷物を持つのをオススメします。これで左右のバランスが崩れないですみます。
また、日本人は昔から畳の上で生活していました。椅子に座って正しい姿勢を保つのって難しいんです。毎日壁の前に立っているわけにもいきませんし、自分にとって楽な姿勢って何かな?って思い出すためにもやりたいのがひざ立ちです。
ひざ立ちをすると自然な姿勢になるのですごく楽です。できればそのような姿勢で作業できるのが理想です。ただし、ずっとかたい床の上にひざ立ちしていると、ひざが黒くなってくるので何か下に敷いておくことと良いです。ひざへの負担を考えながらやれば、基本的に自分にとって楽な自然体の正しい姿勢が身につくのでちょっと試しにやってみてはどうでしょう?

最新記事一覧