肩こり・猫背を治したい!治すための猫背治療ノウハウや体験談・商品などの情報提供をしています【凝りカイゼン】

猫背が治らない人は「筋トレ」ではなく「剣道」が効果的?【治療方法】

子供の頃から学年でいちばん背の低かった私は、よちよち歩きをはじめた時期から、足元ばかりを見て歩き、うつむいたまま歩くように見えていました。なのに地面の石に躓いて、前歯を両方折ったような間抜けさんでした。

歩くことの癖そのものは、母のおかげで治りました。治るどころか今度は逆にエラそうに歩いたほどでした。

小学生で剣道を習いはじめました。エラそうなのはそこにあるのでしょうか。

剣道に使うのは竹刀ですが、もちろんあれは刀です。姿勢を良くして見通しの広い視界をもっていないと、のどをやられて即死……と仮定して厳しいものでした。

猫背の要因のうち、遺伝による骨格の形状も大きなものですから、すぐに誰もが剣道で治るわけではありません。
毎日5分ずつでいいから、姿勢が良くないと致命的な場面を空想の中につくりだし、トレーニングを重ねる方法が、効果につながるでしょう。

私は剣道よりも、声楽の経験のほうが、今の伸びた姿勢に一役を買っているようです。
カラオケと声楽は違います。
声楽の発声法で声を出すには、膝から下で全体重を支え、上半身が自由にグラグラできる強さを要します。
このための筋力トレーニングは、電車の中でもできることです。

座らずに、吊り革を持って立ったまま、目的の駅までがんばります。
このときに持つ吊り革は『なんちゃって吊り革』です。体重をかけずに軽く握っておくだけにします。
必ず軽く握っておいて、フリーハンドにならないようにします。転倒の怪我が怖いからです。

すると車窓に自分が映ります。姿勢の良い自分を映しながら、足腰をトレーニングしながらの移動です。
時間や場所を、ひねりださなくとも実行できます。

お年頃になると自分のルックスを客観視して意識しますが、もっと幼い時期の猫背には、やはり剣道がおすすめです。そして、中年以上の方には、『なんちゃって吊り革』の時間を、数秒ずつつくる方法でしょうか。

 

 

猫背を治すためには猫背に恥を感じること?

猫背気味の姿勢であっても特に健康的にクリティカルな影響があるわけではありません。そのため、意識して直そうとしても気が緩んだり疲れたりするとまた猫背になってしまうことが多いのです。そこで、自身が普通に歩いている様子を友人や知人にスマホのカメラなどで撮影してもらってみてください。自分がイメージしている自身の姿と、まったく違うものが見えるはずです。猫背でいることがどれだけ恥ずかしいことなのかを自覚することで、普通の感覚で歩いたり立っている自分が怖くなります。

社会人の方はその姿がさまざまなことに悪影響だということも自覚してください。姿勢が悪いとなんだか暗い印象を相手に与えてしまったり、人によってはそれだけで評価をとことん下げる場合もあります。猫背でいるだけで社会的に損をすることが多々あると思えば、すぐにでも修正しなければいけないと痛感するはずです。自分がどれだけみっともない姿勢でいたのかを知ることで、修正しようとする意志が生じます。

また、背筋が伸びた正しい状態でいることのメリットはそれだけではありません。しっかりと背筋を伸ばした状態では体型もスマートに見えます。猫背ではお腹がポッコリと膨らんで見えてしまうことも多いのですが、修正できれば自然と引っ込みます。スタイルが良いと人から好印象を受けることになりますし、それだけではなく自己管理がしっかりとできる人と印象づけることができ、さまざまな点で恩恵があるのです。

関連記事

最新記事一覧